企業は人なりと言った経営者がいましたが、その言葉の通り、会社を動かすのは会社のシステム、機械ではなく社員です。

企業における社員教育

企業における社員教育

企業における社員教育 企業は人なりと言った経営者がいましたが、その言葉の通り、会社を動かすのは会社のシステム、機械ではなく社員です。その社員を教育していくことが企業にとって成長することです。そのために、社員教育は継続的に行わなくてはいけませんし、そのプログラムが無くてはいけません。

どんなよいシステム、機械でもそれを利用する人の能力が低ければ、100パーセントのパフォーマンスを生み出すことはできません。しかし、能力の高い人が行なうと機械、システムは120パーセントのパフォーマンスを生み出すことも可能です。

機械、システムは固定資産となり、帳簿上は財産です。しかし、社員も財産です。人財とも言われるように、システム、機械の能力を120パーセント発揮してくれるのが社員です。その社員を教えて育つのが教育です。社員が育つにはそれなりの時間がかかります。持続的な成長ができるようなプログラムが企業には求められます。それが企業の発展、成長につながります。

Copyright (C)2018企業における社員教育.All rights reserved.