ディスコミュージックとクラブミュージック

ディスコミュージックとクラブミュージックは一見するとどっちも同じような感じの音楽なのではないかと思います。 しかし、よくよく聞いて見ると微妙に違っているのです。 ディスコミュージックもクラブミュージックもダンス・ミュージックと呼ばれるダンスを踊る時に流して、 ダンスを盛り上げるための歌だということは共通しています。

そして、使用されている場所もディスコとクラブと大体おんなじようなことを行う場所で使用しているというようにとれるでしょう。 ただ、ディスコミュージックとクラブミュージックの歴史をたどって見ると、 クラブミュージックよりも先にディスコミュージックの方が生まれていて、 ディスコミュージックのファンクやソウルミュージックからの影響を含んだ音楽に大きく影響を受けて生まれたのが クラブミュージックだと考えられています。

言ってみれば、ディスコミュージックが発展したものがクラブミュージックなのです。 ですから、当然流行していた時代も違ってくれば、曲調にも違いが出ているのは至極当然の話なのです。 日ではどちらも最も流行したピークは過ぎ去ってしまったダンス・ミュージックではあるのですが、 ディスコミュージックとクラブミュージックのことについて詳しく知っておくことは この先の更なるダンスミュージックの発展を追いかけていく上で是非とも知っていてもらいたいですし、 今後音楽を聴く際にも違った目線で聞くことが出来ると思います。



<外部リンク>
様々なディスコミュージックの名曲が解説されています ⇒⇒⇒ ディスコミュージック 名曲